>

インターネット上で「モノ」を販売する

不用品を必要な方に販売する

不用品の販売、購入といえば、昔からガラクタ市やフリーマーケットなど、休日に公園などで開催されていました。
インターネットやスマートフォンが普及した昨今では、この個人間でのやり取りが、フリマアプリなどで簡単にできる様になっています。
コロナ禍の外出自粛の生活の中で、発掘された不用品などをフリマアプリで流通させるビジネスも、元手がかからないネットビジネスの一つです。
商品を撮影、アプリへ投稿し、販売先が決まれば郵送する、という流れですが、空いた時間で作業できるため、主婦層をはじめ人気があります。
不用品以外にも、趣味で制作しているアクセサリーやバッグ等の商品やイラストなどの作品を販売することも可能です。
商品を仕入れる必要はありませんが、制作物を販売する場合は、材料費が、発送の際には送料やパッキングの費用などがかかりますので、それを加味した価格設定に気を付けましょう。

形のない商品を売る

販売できるのは形のある「モノ」に限られません。
会社に勤め、いろいろな仕事に携わったことで培われているスキルを商材とする方法もあります。
例えば、デザインのスキルやライティングのスキルを商品とすることも可能です。
インターネット上で不特定多数のクライアントに、自分のスキルを提示し、仕事を受注する方法に「クラウドソーシング」があります。
「スキル」を売りたい方と、発注したい方をマッチングさせるサイトやサービスは増えていますので、先ずは登録し、ご自分の「スキル」が生かせそうな募集に積極的に応募していきます。
人気の高い業種ですと、複数の受注希望者が成果物を掲出し、発注元が選定するコンペ形式での受注もあります。
この場合は、選定から外れてしまうと収入につながりませんが、自身のスキルアップに繋がりますので、長期的にビジネスを行っていく際には有効かもしれません。


この記事をシェアする